2020/11/01 六甲縦走 逆東コース『ザックよ!あれが神戸の灯だ』

【山行情報】
山域:六甲・摩耶
距離:25.3km
時間:10:25(休憩を含む)
天気:晴れと曇り
参加人数:7名(1班と2班)

【行程】
宝塚市湯本町駐車場7:30~塩尾寺8:25~大谷乗越9:35~大平山10:10~六甲山の東屋(ランチ)11:50/12:15~六甲山(六甲最高峰)12:25
~六甲ガーデンテラス13:40~みよし観音14:00~神戸ゴルフ場~杣谷峠15:25~掬星台16:00~摩耶山16:10~虹の駅16:50~阪急王子公園駅18:00

【状況】
1)2020年度は兵庫県勤労者山岳連盟が新型コロナウイルス感染拡大防止の為、六甲全山縦走を中止、宝塚市から六甲最高峰経由で摩耶山から阪急王子公園駅に下りるコースを自主で日帰り山行しました。

2)六甲縦走東コースはトレランの数が約6割、トレーニングコースです。(ザックは極端に小さく、当然ながらトレランシューズ)

3)参加者の方が神戸支店に勤務の時に比べ、神戸は思いのほか、船舶が減っている。夕映えの景色と夜景がものすごく綺麗です。

宝塚市湯本町の有料駐車場を出発して、逆東コース縦走が始ります。

この地図はスグレモノです、ジュンク堂書店で購入しました。
山と高原地図より幅1.5㎝高さ1.5cm大きいです。
作成者の守屋益男さんは日本勤労山岳連盟顧問です
早朝の宝塚市の高級住宅街を歩くメンバー
インド料理店の交差点を左折から本格的な縦走が始ります。
最初の見晴らし、ワクワク
塩尾寺(えんぺいじ)は最初の1時間休憩ポイント、水分とエネルギー補給、ベンチはありますが、トイレはありません。
岩倉山の付近の送電線、Kさんはひとり黄昏ています。
近畿自然歩道の標識
六甲全山縦走路の標識で今後沢山あり、助かりました。
1昨年六甲全山縦走の時、トラ索の柱にランタンが沢山ありましたと女性のYさんは思い出を話していました。
想像ですが、心強い感じだと思います。
大谷乗越と大平山の間で、道路にススキが沢山ありました
サルトリイバラの実
NTTドコモの柵の中に大平山の三角点がありました、中には入れません。
鉢巻山トンネルの手前の落ち葉、ガサガサ。
鉢巻山トンネル
六甲最高峰のきれいなトイレとベンチでランチ、想像以上の快適なランチでした。
ザックや食べ物を置けるスペースがあり、快適なベンチです。
自転車乗りのエネルギー補給だそうです。
トイレの概要ですが、現在はトイレと背もたれ付きベンチは使えます。
他は工事中です。
六甲山最高峰で全員集合 標高931mです。
六甲山最高峰の雰囲気
Yさんがアキグミを賞味しています
アキグミは野生味でほのかに甘い
地図でルート確認、六甲最高峰の真下。
錦繍の美の山道
ガーデンテラスの手前、瀬戸内海が一望です。
Nさん神戸の海を見ています、Mさんは何かを探しているかな?
Yさんはi Phoneで撮影しています、3者3様ですね!
ガーデンテラスは観光地で沢山人がいました。
レストランが😋匂いをしていました。
六甲には会社の保養所、おしゃれなレストランやホテルが沢山あります。
六甲ガーデンテラスのバス停
ガーデンテラスのすぐ下、女性が自転車が担いでます、
タイヤが太く、実際重いそうです。
大空のまもり みよし観音(読むと涙がでます)
六甲山ゴルフ場 ボール除け約200mのフェンストンネル
ベンツのゴルフカートがあるのですね!
???
市立自然の家の近く、ビートルズ4人組ではありません
16時の掬星台
掬星台から南側の眺め
掬星台から東南側の眺め
夕映えの神戸
摩耶ロープウエー 星の駅
摩耶山のただの標識(有名ですが)
看板がぐしゃっと、耐えてます。
木を持ち上げています
Nさんと摩耶ケーブルと摩耶ロープウエー虹の駅 
摩耶山にロープウェイで行ってらっしゃい!(虹の駅構内)
日没の前でも山道は暗いです、ヘッデンの点灯
Yさんが神戸勤務の時、船舶は今より沢山いたそうです
神戸の夜景
阪急王子公園駅で電車に乗り込み、山行は終了です。
JRと阪神の電車に比べるとオシャレだそうです。
阪急宝塚南口駅までは280円です(マナカ使えます)。