山域地図と山域分類

「山の会」くららでは、従来より山行計画書や山行報告書の中で「山名」の他に「山域」が使用されています。HP開設時に急いで作成したものを、多少なりとも改善するため、5年ぶりに更新しました。

■山域地図

くらら版中部の山

名古屋を中心としたgoogle地図に、「くらら」で行ったことのある山と、これから行ってみたい山も加えて、プロットしたものです。山は大から小まで混ぜこぜです。100名山は赤、200名山は橙、300名山は黄、「山と渓谷」の『日本の山1000』、その他の山と表示分けしています。

ポスターサイズなので、少なくともA2サイズ(A3の4枚分)にしないと文字が見えませんが、気が向いたら山にマークを付けたり、山を書き加えたり、自分用の地図を作ってくださればいいかなと思います。

地図の拡大は地図をクリック

■くらら版山域分類リスト

上記の地図にプロットした山をリストアップしたものです。

注1.当分類は2004年から2020年までの間に、山の会「くらら」で行ったことのある山をベースに、今後行ってみたい山も若干書き足したものです。したがって、いわゆる100名山もあれば、あまり知られていない山も含まれます。

注2.山域の分類は諸説あり、当リストも特に準拠するものはなく、学術的な根拠はまったくありません。

注3.100,200,300は100,200,300名山とされる山を示し、1000は『日本の山1000』(1992.08 山と渓谷社)に含まれることを示します。カラーは山域地図と対応しています。

リストのダウンロード kurara_saniki_bunrui_list_2020